義歯(入れ歯)

金属床義歯とは?

gishi.jpg金属床義歯

金属床義歯とは、見えないウラ側の義歯床が金属で出来ている入れ歯です。
義歯床を金属にすることで薄くすることができるので、違物感が少なかったり、食べ物をおいしく感じられます。
ただ、金属床義歯は保険がきかなので保険の入れ歯がどうも、という場合に歯医者さんと相談して決めるとよいでしょう。

 

金属床のメリット

・薄くすることができるので、違和感が少ない。
・金属は熱伝導性に優れており、食事をした時の温度感覚が自然でおいしく感じられる。
・汚れが付きにくく清潔。誤嚥性肺炎の予防対策となる。
・ピッタリと合った入れ歯となりやすい。
・割れにくく、変形しにくい。

 

金属床のデメリット

・精密なため修理が難しい。
・保険の義歯と同じく、アゴの骨が痩せてくれば徐々に合わなくなってくる。
・稀に金属の種類によってはアレルギーのかたもいる。
・値段が高い。

 

<入れ歯の調整>

いずれにしても、新しい義歯はいれたあとの調整が必要不可欠です。

新義歯に馴れるまで一か月はかかると考えておきましょう。